フリースタイルダンジョン9月25日放送分をレビューします!

じょうさん似合わぬバチバチ…フリースタイルダンジョン9月18日放送分

今回のダンジョンは3代目モンスターを決めるトーナメント!

準決勝である今回は2代目モンスターの烈固と輪入道、モンスター維新軍のTK da黒ぶちと2代目モンスターの崇勲が激突します!

まずはモンスター対決の烈固vs.輪入道!

1ラウンド

先攻烈固は『モンスター同士でやるなんて本当残酷、もう思い浮かばないけど戦う』と吐露する。

輪入道は『浮かばねぇなら負けた奴の思い浮かばれん』と軽くディス。さらに『してろうたた寝、早くくたばれ』と優しさの見えるディス。

烈固は『輪入道が憧れだけど超える』と宣言してチャレンジャースタイル。

輪入道は烈固の最後の『刺す心臓』に対して『俺の心臓刺すのは包丁じゃなくてHIKIGANE』とがなりながら指摘。そして『応援してくれてる奴のために負けられない』と返す。ワイプで泣きそうなLILYさん。

烈固はタイトなライムを重ねて来るが攻撃が少ない印象。

輪入道は烈固が『届く』と言ったのを『もっと上にいるんだよ』とずる賢くがなりながら返してFORKは爆笑笑笑。『目を見て、これがお前を生んだ男のけじめ』と締める。

判定はクリティカルで輪入道!

モンスタールームも両雄も無表情。見ていて泣きそうになる試合でしたね泣。烈固はR指定のコメントを受けて男泣き。ジブラも目に涙を浮かべて感動の退場。

輪入道さん熱すぎて沸騰中…フリースタイルダンジョン9月11日放送分

続いての試合はTK da 黒ぶちvs.崇勲!

1ラウンド

先攻崇勲は『同じ春日部でこの対決』と話して『生き残り、どっちが勝っても春日部の誇り』と踏む。

TKは噛んでしまうがモンスターとしてやってきた崇勲を褒めて熱い気持ちをぶつけてくる。

崇勲は『俺お前と同じくらいお前のことリスペクトしてるし、感謝してるし』と暑さに対して淡々と返す笑笑。

TKは韻を軽く踏んで下手なディスはしてこない。

崇勲は『昔バトルでめっちゃディスられてめっちゃ落ち込んで傷ついたけど感謝してるし』と天丼笑笑。

TKは自分が苦労してきたことをバースに詰めて熱さでくる。

判定は4-1でTK!

2ラウンド

先攻崇勲はTKに『モンスターになったら常に先攻』と教えて苦労したことを知ってると返す。

TKは『崇勲から教わったのはフラッシュを浴びるとその分影もできるということ』を教わったと素晴らしい返し。

崇勲は『俺のリリック言ってくれてありがとう』と返して『引導渡されてもまだ隠遁、水戸黄門、お前の肛門にスドーン!』とらしい返し。さらにライムをまくし立てる。

TKは『春日部のプーさん、俺は横で飛んでる蜂で毒針をさすごめんなさい』と締める。

崇勲は『堂々と春日部のプーさんとか言ったけどディズニーランド初めて行ったの去年』と爆笑アンサー笑笑。『お前とも行きたいなぁディズニーランド』でTKも笑顔笑笑。

TKは『ごめん崇勲とディズニーランドは行きたくない』と返して『お互い忙しくなるけどここでトークできてよかった』と締める。

判定は4-1でTK!!!

崇勲は確かにいとうせいこうが言ったようにTKにモンスターを託したように見えましたね。

決勝は輪入道とTKのスーパーマッチ!また伝説の試合となりますね!!

サ上さん実はめちゃくちゃ強かった説…フリースタイルダンジョン 7月3日放送分

所感

烈固泣いた…

いやー良かったなぁ泣。モンスターとしての試合が終わったのが少し嬉しそうだった崇勲と悔しそうだった烈固。対照的でしたね。

烈固は本当に男泣き。輪入道も全てを受け止めて噛んだこともディスらずに烈固が言ってくることを力で叩き潰して最後は輪入道も泣きそうでしたね。

なんか漢さんと晋平太の試合を見たときみたいな気持ちになったな。漢さんのかっこよさが出た試合だったと思うけど輪入道もとてもかっこよかったです。

烈固さん絶賛ばく進中・・・フリースタイルダンジョン6月5日放送分

おすすめの記事